肝疾患からアンチエイジングまで"特定生物由来製品"
娩出後、胎盤は脱落し臓器としての役割を終え、不要になる。 産後に羊膜等と一緒に胎盤を食べる動物が多い。簡単に栄養補給に他の血の臭いをなくすの捕食者たちの攻撃を困難にする効果があるのではないかと考えられる。 人間の場合でも、健康にいいと思うし、母親自身や家族が産後に胎盤を食べる胎盤食文化が世界各地で見ることができます。生食にあり、簡単な調理をして、多様である。 一方、胎盤療法はカニバリズムと言って敬遠する動きも強い。臍帯血(胎盤から取られたを含む)利用の普及とは対照的である。 また、ブタやウマ、ヒトなどの胎盤医薬品、化粧品、健康食品などに利用されている(漢方薬の紫荷車(しかしゃ)等)。嫌悪感を緩和するために、日本語で"胎盤"の代わりに英語でプラセンタと表記されている場合が多い。 また、現在でも、人間の胎盤を原料としてエキス抽出し、注射剤とすることが肝疾患と婦人科疾患(母乳分泌促進)の治療を目的として、いくつかの医薬品で許可されている。しかし、実際には、アンチエイジングというような美容目的や健康目的でこれらを使用する場合も多いといわれる(この場合は、健康保険は利かずに自由診療となる)。また、この薬は医師の処方箋が必要である。 現在、人間の胎盤原料の医薬品については、クロイツフェルト - ヤコブ病、HIV、C型肝炎ウイルス、リンゴ病などに関する検査(ウィルスに対する核酸増幅検査など)と安全対策(高温加熱処理など)を、あるが、未知の病原体の存在を完全に否定することは不可能で、"特定生物由来製品"の指定を受けることになっており、使用している場合は、医師のインフォームド・コンセントを使用同意書に署名捺印が必要です。また、ユーザーのカルテ、医療記録を保存する(最低20年)や追跡調査などが求められている。人間の胎盤を使用する場合は、HIV、C型肝炎感染のリスクを考えなければならない。 したがって、一般的大衆薬、人間の胎盤の使用は事実上不可能で、ドリンクや健康補助食品に使用される胎盤は、人間からブタなどに転換されている。
[PR]
by samolab | 2010-06-28 18:34
<< "老化防止"...