抗老化医学(こうろうかいがく、英語:Life extension)は、積極的予防医学の一種で、老化を防止する活動の総称である。アンチエイジング(anti - aging medicine)とも呼ばれる。 その根底には、検査診断学・従来医学を含んでいる。範囲は、通常、一般診療科目全体、運動生理学、栄養学+東洋医学、美容外科、美容皮膚科、エステ、アロマ、ハーブ、補助栄養学、代替補完医学、音楽芸術など多岐にわたる。つまり、老化防止医学は医学及び周辺科学を含めた最高の集学的医学では、人間の本来の姿、本来の寿命、至最適な状態で心身を取ることを目的とする医学である。 "老化防止"や"アンチエイジング"、または 年をとるデメリットに対抗することが抗老化医学である。 "加齢"は、年を重ねること、すなわち、毎年1歳1歳年をとることを指し、これに反対することは不可能である。また、日本語の高齢化は、悪い意味で年を経ることができる肯定的な側面を表していると知られている。 "老化"は、"加齢"によって発生する欠点を表す言葉で、老化を食べることによって発生する可能性に否定的な現象(=病的状態や病気へつながる状態など)が現在の老化である(しわ、しみ、動脈硬化など)。したがって、1歳1歳の老化をとる"高齢化"は防ぐことができないが老化を遅らせたり、または支持することは可能であり、これを医学の総称がアンチ・エージング(抗加齢)医学=抗老化医学である。 抗加齢医学のホームページで"アンチエイジング"と"抗加齢"というテーマで、抗老化の説明がある。たとえば、"成長期の低下は、高齢化への治療が必要だ"などの説明。しかし、このような主張は、アンチエイジング医療抗加齢医学の根本にある医療や文学や哲学や倫理を含む"高齢化"と"老化"の定義についての理解の不足がある考え方もある(医学は自然科学とではなく、広く哲学や社会学、法学など、さまざまな要素を含んでいる総合科学である。その事を忘れていた医師は衛生学者でもフィジシャン、臨床医では、あることはできません)。 また、医学用語で、"老化"が病気として認識される場合である。実例を挙げてみると遺伝子異常に思春期を過ぎた頃から高齢化が進行、40 - 50歳くらいで老衰で死ぬ病気"ウェルナー症候群"の日本語病名は"早期老化症"とし、"早期加齢症"と呼ばない。したがって、"アンチエイジング"という表現は不自然で非科学的という指摘がある。
[PR]
# by samolab | 2010-07-05 14:25